あなたを待っている人がいます

 白血病、再生不良性貧血、先天性免疫不全症などの血液難病は、以前は有効な治療法がなく治りにくい病気でしたが、骨髄移植により患者さんが健康を取り戻せるようになりました。
 しかし、骨髄移植を成功させるためには、患者さんと骨髄を提供して下さる方(ドナー)の白血病の型(HLA型)を一致させる必要があります。HLA型が一致する確率は兄弟姉妹で4人に1人、それ以外では数百人から数万人に1人とまれなため、骨髄移植を受けられない患者さんが少なくありません。
 そのため、広く一般的の方々に善意の骨髄提供を呼びかける『骨髄バンク事業』が1992年より開始され、すでに多くの患者さんを救う実績をあげています。日本で骨髄移植を必要とする患者さんは、毎年少なくとも千人以上おられます。1997年2月現在ドナー登録者数は8万人になりましたが、依然として患者さんの約3割の方には、HLA型適合のドナー候補者は1人も見つかっていません。ドナー登録者は、まだまだ不足しています。
 このパンフレットで、骨髄移植と骨髄バンク事業についてご理解いただき、多くの方々にドナー登録、さらには実際の提供者になっていただければ幸いです。

骨髄バンク事業の基本理念

 善意のドナーの方から自由意思に基づいて提供していただいた健康な骨髄液によって、白血病などの血液難病の患者さんを、広くしかも公平に救うことが骨髄バンク事業の基本理念です。
 ドナー希望者の皆様はどのような強制もされませんし、必要な情報はすべて伝えられます。骨髄バンク事業ではドナーの方々の健康と安全が最優先されます。疑問な点、不安なことなどは、ご遠慮なく、いつでも何なりとおたずね下さい。