移植のキーポイント-HLA

 赤血球にABO式の血液型があるように、白血球にもHLA型という型が有ります。HLA型はヒト白血球型抗原の略で、骨髄移植の成功を握る各人固有の遺伝性の抗原です。数万通りの組合わせがあります。HLA型は、両親から各座半分ずつを遺伝的に受け継ぐため、兄弟姉妹間では4分の1の確率で一致します。しかし、親子ではまれにしか一致せず、非血縁者間(他人)では、数百~数万分の1の確率でしか一致しません。

子供のもつHLA型は4通りが考えられます。
〔例〕ある家族の場合(兄弟姉妹で適合する理由は・・・)

ある家族の場合

様々なHLA型の座

A座B座 C座D座DR座DQ座DP座

A1B5B40Cw1Dw1DR1DQ1DPw1
A2B7B41Cw2Dw2DR103DQ2DPw2
A203B703B42Cw3Dw3DR2DQ3DPw3
A21012B8B44(12)Cw4 Dw4DR3DQ4DPw4
A3B12B45(12)Cw5Dw5DR4DQ5(1)DPw5
A9B13B46Cw6Dw6DR5DQ6(1)DPw6
A10B14B47Cw7Dw7DR6DQ7(3) 
A11B15B48Cw8Dw8DR7DQ8(3) 
A19B16B57(17)Cw9(w3)Dw9DR8DQ9(3) 
A23(9)B17B58(17)Cw10(w3)Dw10DR9  
A24(9)B18B59 Dw11(w7)DR10  
A2403B21 Dw12DR11(5)  
B22   
B27   
B35   
B37   
A66(10)B38(16)B75(15) Dw23DR51  
A68(28)B39(16)B76(15) Dw24DR52  
A69(28)B3901B77(15) Dw25DR53  
A74(19)B3902B7801 Dw26   

移植成功のキーポイント

 HLA型の一致しない骨髄移植は、拒絶反応などの副作用により成功は得られません。骨髄移植ではHLA型の座のうち、A座・B座・DR座の3座(1座につき2個、合計6個)の適合が必要です。