ドナー登録の方法

1.まず、「チャンス」を読んでから

 ドナー登録を希望される方は、まずパンフレット「チャンス」をよく読んで下さい。→ドナー登録を受けている骨髄データセンター(赤十字血液センター内)や保健所は、巻末に記載されています。パンフレット「チャンス」の請求は、(財)骨髄移植推進財団(フリーダイヤル0120-445-445)

2.ドナー登録は、腕から採血検査です

 紹介封書が届きましたら、ご希望の骨髄データセンター等にドナー登録検査の電話予約をお願いします。→登録はビデオ閲覧と説明の後、腕の静脈から約10ml採取しHLA型のA座・B座・DR座を検査します。 登録に要する時間は約1時間です。→後日、ドナー登録確認書をお送りします。(HLA型はお知らせしません)
※これまでは、ドナー登録時にA座・B座を調べる1次検査を行い、患者さんと適合した場合に再度お越しいただき2次検査でDR座を検査していましたが、1997年4月より登録時に同時検査しています。

3.HLA型データの照合検索

 ドナー登録者のHLA型はコンピューターに登載し、定期的に患者さんと照合検索します。(提携を結んだ各国骨髄バンクから依頼された患者さんとも照合します)

4.患者さんと適合すると

 ドナー候補者の1人として選ばれた時は、財団からご連絡します。→HLA型により適合する確率が違うため、ドナー登録から数ヶ月後にある場合もあれば、数年以上ない場合もあります。※ドナー登録者の10数%程度の方が適合すると予測されます。