2001年度活動報告について

1. 広島県委託事業について

広島県内各所で開催している出前講座を、引き続き年間25回を目標に開催しました。

2. 理解セミナーについて

2001年7月5日(木)に岡山大学谷本光音先生をお迎えし、「さい帯血バンクの現状と今後」と題してセミナーを開催致しました。

3. 広島FM・ひろしまPステーション「骨髄バンクコーナー」の継続

広島FM放送では、主婦や社会人など幅広い層に情報が届くよう、水曜日の昼の番組内で、「骨髄バンクコーナー」を放送しました。ひろしまPステーションでは、従来通り20代から30代をターゲットにした日曜日夕方の番組で、「骨髄バンクコーナー」を放送し、月に1度、ゲストの方にご出演いただき、生きた情報をお伝えしました。
・ 広島FM放送 毎週水曜日
『PARTINA GO!GO!』昼12時30分頃
パーソナリティ 大野貴子さん
・ ひろしまPステーション 毎週日曜日
『ズバっと!コンテンポラリー』夕方17時30分頃
パーソナリティ 高橋K介さん

4. 基盤確立のために(重点目標)

目標会員数(団体法人会員20団体、個人会員200名)を設定し、ご理解・ご協力を呼びかけ、団体法人会員14団体、個人会員100名の方々に御協力をいただきました。誠にありがとうございました。目標に届いておりませんので,引き続き御協力をお願いしております。
1) 自動販売機設置代理店
新たな設置施設の開拓に向けて、活動しました。その結果旧国立畑賀病院に広島市の御好意により自動販売機を一台設置いたしました。
2) 高速道路集金システム(料金割引代理店)
引き続き、他団体の試験的取り組みを見守っております。
3) コンピュータ入力
現状のまま、調査資料を集めております。

5. さい帯血バンクについて

中国郵政弘済会様より、さい帯血パンフレット制作のための寄付金をいただき、パンフレットを制作し、関係各機関に寄付いたしました。大変よく出来ていると好評です。

6. ドナー登録キャンペーンについて

広島県庁をはじめとして、集団登録会や献血並行登録会が、当会より説明ボランティアも参加し、県内各所で開催されました。ドナー登録の増加のために、今度ともこの方法が定着できればと思っております。

7. 相談窓口電話について

患者家族の皆さん・ドナーさんの相談やお問い合わせ専用の番号を設け、試験的に受付けを開始しました。